LIFE

「大人になるってどういうこと?」大人の定義とは?

「大人になるってどういうこと?」大人の定義とは?

「大人って何だろう?」と悩み続けた経験があるシゲです。

大人になるってどういうことなのかな?
20歳になったら、大人扱いされるけど、なんか違和感を感じる。
正しい大人の定義を知りたいな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:「大人になるってどういうこと?」大人の定義とは?
2:私の考える大人の定義
3:「大人って何だろう?」と悩み続ける必要はない

本記事を読めば、大人の定義を理解することができます。

また「大人になるってどういうこと?」と悩み続けることもなくなるため、苦しまなくて済みます。

なぜなら、「大人って何だろう?」と悩み続けていた私が、本記事で紹介する考え方に変えたところ、悩むことがなくなったからです。

上記背景をもつ私が、大人の定義について解説していきます。

1:「大人になるってどういうこと?」大人の定義とは?

「大人になるってどういうこと?」大人の定義とは?

結論からいうと、正しい大人の定義はありません。

「結局わからないのかよ…」と感じた方は、すみません。

しかし、答えがないからこそ、自分なりの大人の定義を作ることが正解になります。

上記を詳しく解説していきますね。

年齢や経済的な自立だけでは、大人と判断できない

年齢や経済的な自立ができても、人間性に問題があったら、大人として認められないからです。

例えば、30代の人が居酒屋で「注文が遅い!!」と店員さんを怒鳴っていたら、「大人じゃないな~」と感じるはず。

逆に、10代のスポーツ選手が、オリンピックに出場して日本の代表として、インタビューに的確に答えていたりすると、「大人の対応しているな~」と感心しますよね。

このように、年齢や経済的な自立だけでは、大人と判断できません。

大人と判断するには、人間性が重要ということを覚えておきましょう。

大人の定義は人により異なる

大人と判断するには、人間性で決まり、人それぞれ合う合わないがあるからです。

例えば、上司からの仕事依頼を断る同僚を見て、下記2つの感情を抱く人がいるはずです。

① 自分の考えを持っていてカッコいい

② 協調性がない人だな~

① の感性を持っている人は、仕事依頼を断る同僚は大人に見ます。

逆に、②の感性を持っている人には、子供に感じるはず。

このように、人間性は人それぞれ合う合わないがあるため、人により大人の定義が異なります。

・あなた独自の「これ大人だな」と思う定義を作ればいい

というのが、大人の定義の答えになります。

大人の定義には正解がないため、自分専用の大人の定義を決めましょう。

2:私の考える大人の定義

私の考える大人の定義

ここからは、私が考える「これができたら、大人だよな」という定義を紹介していきます。

あなたの大人の定義を決めるための、参考にしてみて下さい。

・自分で考え行動できる

・私欲を満たすために、他人を利用しない

・他人を否定考えしない

自分で行動できる

自分で考え行動できていない人が多いと感じているからです。

私が過去に11年勤めた会社でも、下記のような発言をする同僚や上司が多くいました。

・上が決めたことだから…

・言われたことだけやればいいよ

・自分で考え行動しても、責任が重くなるだけ

上記のような発言を聞いた私は「言われことをやるだけなら、学生でもできる」「子供だな」と感じてしまいました。

逆に、自分の考えで会社を退職した同僚などをみると、「他人に振り回されないで、判断できる芯が強い人だ」と思い、大人っぽく感じました。

上記感性を持っている私は、“自分で考え行動できる=大人“と定義しています。

私欲を満たすために、他人を利用しない

私欲のために他人を利用している人は、「自分だけ良くればそれでいい」と考えている人だからです。

例えば、下記のような人です。

・収入を上がるために、上司に媚びを売る

・徹夜を部下にさせて、自分は一切しない

・合コンで異性にちやほやされるために、容姿が悪い友達を呼ぶ

このように、私欲を満たすために、他人を利用する人は、我がままで自分勝手と感じるため、子供だなと感じてしまいます。

そもそも、他人を利用せずに、自力で結果を出した方が、カッコよくないですか?

私は、他人を利用してまで結果を出そうとする人は嫌いですね。

上記感性を持っている私は、“私欲を満たすために、他人を利用しない=大人“と定義しています。

他人を否定しない

他人を否定している人は、他人の評価を落とそうとしているからです。

【例】
・同僚Aさんのミスはあり得ないよね

・部下の○○は生意気だ

・✕✕さんは容姿は良いけど、性格はかなり悪いよ

このように、他人を否定して他人の評価を下げようとしています。

妬みから、他人の評価を下げる人が「大人だな」とは感じません。

私は、“他人を否定しない人=大人“と定義しています。

ここまでが、私個人の大人の定義になります。

これから大人の定義を作りたいという方に、少しでも参考になれば幸いです。

3:「大人って何だろう?」と悩み続ける必要はない

「大人って何だろう?」と悩み続ける必要はない

理由は「大人って何だろう?」と悩み続けても、正解がないからです。

正解がないことに、悩み続けても、労力と時間が無駄になり、損するだけ。

「どうすれば大人になれるだろう」「誰もが認める大人になりたい」と考えるのを辞めましょう。

とはいえ、「どうしても、大人になりたい」と考えてしまう方もいるはず。

そこで、おすすめなのは、自分が大人だなと感じる人の言動を真似することです。

自分が大人だなと感じる人の真似をすれば、自分の感性にあった言動をすることができ、理想の大人に近づけるようになります。

「どうしても自分で大人の定義を決められない」という方は、自分が大人だなと感じた人の真似をしてみましょう。

ということで、以上になります。

大人かどうかは人間性で決まり、人間性は自分の性分に合うかで決まってくるため、大人の定義に正解はありません。

「大人って何だろう?」と悩み続けても、時間と量力が無駄になり損をします。

あなたなりの大人の定義に決めましょう。

もし、すぐに決められないなら、自分が「この人大人だな~」と感じる人の真似をして言動を少しづつ変えみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog