BOOK

【3分でわかる】アイデアのつくり方の要約

【3分でわかる】アイデアのつくり方の要約

こんにちは、シゲです。

・アイデアを考えているけど、良いアイディアが浮かばない…

・どうすれば、良いアイディアを出せるようになるの?

上記悩みを持っている方は、解決に近づける1冊になっています。

本記事の内容は下記。

  • 1:アイデアのつくり方の要約【概要及び方法】
  • 2:読んでみた感想
  • 3:購入すべき?

「いいアイデアが思い浮かばない…」と悩んでいませんか?

上記のような方におすすめなのが、今回紹介する“アイデアのつくり方”という一冊です。

この本に書かれている内容を本格的に実践すれば、魅力的で斬新なアイデアを生み出すことができます。

私も、ブログなどでアイデアが浮かばない時に使って、魅力的なタイトルの記事を作成するのに役立てているノウハウが詰まった良書です。

本格的にアイデアを出せるようになりたいという方は、是非読んでみてください。

とはいえ、「本当に買う価値があるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、本記事では概要などがわかるように要約して紹介します。

3分で読めるので、最後まで読んでみてください。

1:アイデアのつくり方の要約【概要及び方法】

1:アイデアのつくり方の要約【概要及び方法】

アイデアの作る上で重要なのは、原理と方法を把握することです。

なぜなら、環境や状況が変わっても問題なくアイデアを作り続けられるから。

例えば、小説家が転職しても、人を動かす文章の“原理と方法”を知っているので、書類作成で無双できます。

アイデアのづくりも同じです。

つまり、原理と方法を把握していれば、どんな環境や状況でもアイデアを作り出すことができるようになります。

良いアイデアを生み出すためにも、原理と方法を把握しましょう。

原理と方法は下記。

  • 【原理】
    • 既存の要素の組み合わせで決まる
    • 事実と事実の間にある関係性を探る意力が重要
  • 【方法】
    • ①資料を収集する
    • ②組み合わせる
    • ③完全に放置する
    • ④常に考えておく
    • ⑤アイデアを現実に落とし込む

各々、詳しく解説していきますね。

既存の要素の組み合わせで決まる

アイデアは、全く新しい要素ではなく、既存の組み合わせで決まります。

例えば、車なら下記にような感じですね。

  • 車×空 =空飛ぶ車
  • 車×自動=自動運転の車
  • 車×事故=保険、ドライブレコーダー

このように、ほぼすべてのアイデアは既存の要素の組み合わせでできています。

全く新しい言葉や概念を生み出す必要はないので、自分中でハードルを上げる必要はありません。

既存の要素の組み合わせでアイデアを生み出すという原理を覚えておきましょう。

事実と事実の間にある関係性を探る意力が重要

なお、最も重要なのは、事実と事実の間にある関係性を探る意力です。

簡潔にいうと、根気よくアイデアを生み出そうとする意力がないとアイデアは浮かばないという事実です。

残念ですが、魔法のように、いきなり良いアイデアが浮かぶことはありません。

正直、めんどくさいし地味でやりたいくないと感じますよね。

しかし、めんどくさくいからこそ、誰も簡単に思い浮かばないような良いアイデアを生み出せ、価値が生まれます。

事実と事実の間にある関係性を探る意力が重要ということを忘れないで下さい。

①資料を収集する

では、具体的な方法について解説してきますね。

1つ目は、資料を集めることです。

繰り返しますが、頭だけで考えていても、フッとよいアイデアを思いつくことはありません。

資料を収集して、資料の中からアイデアになるきっかけを見つける方法で、アイデアを生み出しましょう。

資料の種類は主に2つです。

  • 特殊資料
  • 一般的資料

簡単に言うと、特殊資料は“専門的な情報(製品情報など)”と“消費者情報(製品を使ってどうなるか?)”などの詳細の情報です。

逆に、一般的情報は、誰でも身近に感じられるような情報ですね。

特殊資料と一般的資料の組み合わせで、アイデアを生み出すことができます。

特殊資料と一般的資料の組み合わせが重要

例えば、最近私がコンビニで買ったいちごラテに、下記文字が書かれていました。

“牛乳屋さんが作った”“いちごラテ“

牛乳屋さんが作った=特殊、いちごラテ=一般に分けることができます。

牛乳屋さんが作った(特殊)という言葉があるだけで、濃厚で美味しそうと想像できますよね。

結果的に、ほかのいちごラテよりも、購入意力が上がります。

このように、特殊×一般的な情報を組み合わせることで、魅力的なアイデアを生み出せます。

とはいえ、特殊資料や一般資料の組み合わせは無数にあり、頭だけでは整理できません。

下記のような方法で、特殊資料と一般的な資料を上手く整理しつつ、資料収集をしてみて下さい。。

  • 特殊資料は、ふせんやカードなどに書き込む
  • 一般的資料は、写真やファイルなどにまとめる

読書

なお、効率が良い特殊資料と一般的資料を集める方法があります。

それは、読書です。

読書は、専門的な部分から一般的な部分まで網羅しているので、資料を集めには最適。

電子書籍などを使えば、情報を整理するのも楽になります。

それに、単純に知識が増えてアイデアをに繋がりやすくなるメリットもあります。

「どうやって資料を集めればいいの?」と悩んでいる方は、読書で資料を集めましょう。

実際の経験

また、実際に体験してみることも重要です。

例えば、掃除機で有名なダイソンのうたい文句は、“吸引力が落ちないただ1つの掃除機”ですよね。

これは、吸引力が落ちて買い替えることと、きちんとゴミは拾えないという実体験があるユーザーに刺さり爆発的に売れました。

このような小さいことを思いつくには、実際に体験してみることが一番です。

むしろ、体験からでしか得られないと言ってもいいかもしれません。

体験して感じたことなどからアイデアを生み出すことで、皆に愛させるアイデアを生み出せます。

実際に体験して、資料(情報)を収集するのもありです。

②組み合わせる

資料収集が終わったら、実際に組み合わせてみましょう。

カード(ふせん)と写真やファイルなどを使って、試行錯誤しつつ、組み合わせてみて下さい。

そこで、少しでも組み合わせが完成したら、必ずメモに取っておきましょう。

微妙に感じても、後から魅力的なアイデアを生み出すきかっけになりやすいし、ど忘れ防止にも繋がります。

重要なのが、根気よく組み合わせてみることです。

正直、この過程をサボると良いアイデアは生まれません。

めんどくさいと感じるかもですが、この作業が最も重要になります。

最終的には、頭がごちゃごちゃになって何もでない状況になるまで、組み合わせを試してみて下さい。

③完全に放置する

頭がごちゃごちゃになって何もでない状況になったら、一度組み合わせるのを辞めて放置しましょう。

そして、全く別のことを実施して下さい。

そうすることで、狭い視野から広い視野に変わり、ふっと魅力的なアイデアが浮かぶ瞬間が生まれます。

あなたも、考え込んで答えが出なかったけど、放置してフッとした瞬間に、良い答えが降ってきた経験があるはず。

正直、いくら考えても、魅力的なアイデアが出ない時は出ません。

時間や労力を無駄にしないためにも、考え抜いて詰まってしまったら一旦放置しましょう。

④常に考えておく

常に考えていないと、良いアイデアは生まれないからです。

例えば、仕事に不満を持っているのに、それを改善するアイデアはないか常に考えていないことには、改善案は生まれませんよね。

ブラック企業に勤め続ける人も、辛いと感じているのに、思考停止しているから、改善案えが出ず、働き続けてしまっています。

アイデアも同じで、常に考えていないとアイデアは生まれません。

常に考えておくことを忘れないでください。

⑤アイデアを現実に落とし込む

最後は、アイデアを現実に落とし込むことです。

魅力的なアイデアを生み出せても、現実に落とし込まないことには、価値が生まれません。

例えば、貧困で悩んでいる人達を救えるアイデアを思い浮かんでも、実際に行動して実現しないことには、誰一人として救えませんよね。

アイデアは再現させてこそ、価値が生まれます。

魅力的なアイデアが生み出したら、現実に落とし込みましょう。

2:読んでみた感想

2:読んでみた感想

私が実際に読んでみて感じたことは下記。

  • 1時間で読める
  • シンプルで分かりやすい
  • 実用的な方法が明確

各々、詳しく解説していきますね。

1時間で読める

ページ数でいうと100ページ程度しかなく、1時間で全て読むことができます。

正直、読書が苦手な人でも、スラスラ読めるくらい薄いです。

しかし、内容はかなり濃いので、めちゃくちゃコスパが高いのは本書の良い点ですね。

シンプルで分かりやすい

また、伝えたいことが明確でかなりわかりやすかったです。

伝えたいことを明確にして伝えられていない本も多い中、本書は伝えたい事を7つにまとめてあったので、非常に読みやすかったです。

実用的な方法が明確

そして、実用的な方法が明確にさせているので、アウトプットに移りやすいのも良かった点です。

本書を読みつつ、本格的に実施すれば、魅力的なアイデアを生み出せますよ。

3:購入すべき?

結論からいうと、アイデアを出せず悩んでいるなら、読んで損しない1冊です。

今回紹介した“アイデアのつくり方 “を読み本格的に実施すれば、経験ゼロからでも魅力的なアイデアを生み出すことができるようになります。

繰り返しますが、いきなり良いアイデアが降ってくることはありません。

“アイデアのつくり方”を読みつつ、実際に試して、魅力的なアイデアを生み出せるようになりましょう。

補足

「読書をして資料を集めたいけど、出費が高い…」と悩んでいませんか?

正直、書籍を買うだけでもバカにできない出費ですよね。

しかし、 Kindle Unlimited というサービスを使えば、月1,000円で200万冊以上の本が読み放題になります。

月1冊以上本を読む方なら、すぐに元が取れるので、入っておいて損はしません。

初回30日間無料なので、使ってみて合わなくれば、辞めれば問題ないので、是非使ってみて下さい。

-BOOK