LIFE

年上に敬語は必要あるか?【尊敬できない年上の対処法も紹介】

年上に敬語は必要あるか?【尊敬できない年上の対処法も紹介】

こんにちは、シゲです。

今まで自然に年上には敬語を使ってきたけど、敬語って本当に必要あるのかな?
尊敬できない年上には、敬語を使いたくないな~

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:年上に敬語は必要あるか?【結論:必要あり】
2:尊敬できない年上にイライラしなくなる対処方法

本記事を読み実践すれば、年上に敬語を使うべきかが分かり、尊敬できない年上にイライラすることがなくなります。

なぜなら、11年勤めていた会社で「この人(年上)尊敬できないな~」と感じつつ、敬語を使っていた私が、本記事を紹介する方法を使い、尊敬できない年上にイライラしなくなったからです。

上記背景を持つ私が、ノウハウを共有しますね。

1:年上に敬語は必要あるか?【結論:必要あり】

1:年上に敬語は必要あるか?【結論:必要あり】

結論から言うと、敬語は使った方が良いです。

理由は、シンプルで生活しづらくなるから。

上記を深堀していきます。

日本に住んでいる以上、「年上に敬語は当然」という風潮がある

日本で育つと学生の時から、年上には敬語を使うのは当然と教えられるからです。

中学生になったら、上級生は「先輩」を付け、敬語を使わないといけないと教えられますよね。

大学生以上なら「さん」付けは必須です。

上記のような教育をされ続けると、年上に敬語を使うことが常識になります。

常識から外れたことをする人は、嫌われますよね。

自分だけが浮かないためにも、年上には敬語を使いましょう。

年上に敬語を使わないと周囲からの当たりが強い

日本に住んでいる以上、「年上に敬語は当然」と考えている人が大半だからです。

仮に、年上に敬語を使っていない所を目撃されたら、周囲から「常識も守れない人なんだ」と認識され、嫌われます。

例えば、入社初日、年上の社長にタメ口で会話をしている新人を見たら、どう思いますか?

大半の人は「さすがに馴れ馴れしい」と感じて、自分から仲良くなろうとはしないはずです。

むしろ、距離を置く人の方が多いと思います。

このように、年上の人に敬語と使わないと周囲から嫌われます。

周囲から嫌われるとストレスになるし、過ごしづらい生活をすることになりますよね。

自分の首を絞めないためにも、年上には敬語を使いましょう。

人間性で敬語を使うか判断することも重要

年齢だけで敬語を使うか判断すると、一人一人どんな人なのかを真剣に考えられなくなり、浅い人間になるからです。

仮に、野球で有名なイチローさんに、年上のサラリーマンがいきなりタメ口で話しかけていたら、どう思いますか?

私なら「さすがに失礼すぎる」と感じてしまいますね。

私は、イチローさんの実績や人間性を考えたら、敬語を使うのは当然と判断しています。

このように、年齢だけで敬語を使うか判断すると、一人一人どんな人なのかを真剣に考えないため、結果的に浅い人間になってしまいます。

人を見る目を養うためにも、人間性でも敬語を使うか判断しましょう。

年上には敬語を使おう!!

ここまで解説してきた通り、年上に敬語は必要です。

尊敬できない年上に敬語を使うのは、苦痛に感じますよね。

しかし、周囲から毛嫌いされるよりマシじゃないですか?

過ごしやすい生活をするためにも、年上には敬語を使いましょう。

ただし、年齢だけで敬語を使うことを判断していると、浅い人間になります。

人を見る目を養うためにも、人間性で敬語を使うかも含め判断してみて下さい。

とはいえ、「どうしても、尊敬できない人に敬語を使うのは苦痛すぎる…」と感じる方もいるはず。

そこで、尊敬できない年上にイライラしなくなる対処方法を紹介します。

どうしても敬語を使いたくないという方は、実践してみて下さい。

2:尊敬できない年上にイライラしなくなる対処方法

2:尊敬できない年上にイライラしなくなる対処方法

結論は、尊敬できない年上と関わらないことです。

理由は、シンプルに尊敬できない人と関わっても、自分が損するから。

【例】
・部下に仕事を丸投げする年上上司
=仕事量が増えすぎて労働時間が増える

・後輩をいじめている部活動の先輩
=いじめているところを毎回目撃して、嫌な気分になる

・毎日悪口ばかり言っている会社の先輩
=悪口に付き合わされ、自分の時間が無駄になる

このように、尊敬できない人と関わっていても、自分が損をするだけです。

尊敬できない年上にイライラしているなら、関わらなくなることが重要。

年下に敬語を使われず怒る年上は、器が小さいだけ

年下に敬語を使われず怒る年上は、“相手は年下だし、自分が上だ”と思っている人ですよね。

正直、“相手は年下だし、自分が上だ”という思考しかできない人は、ダサくないですか?

私は、年下に敬語を使われず怒る人を見ると「考えが浅い人」「自分のことしか考えられない人」と感じ、距離を開けるようにしています。

人は、付き合う人と価値観が似てくるため、付き合い続けていると自分の器も小さくなってしまいますよ。

「器が小さい人なんだな」と割り切り、年下に敬語を使われず怒る年上とは、関わらないようにしましょう。

そもそも、人は誰と付き合うかを取捨選択して生きている

ここまで、尊敬できない年上と関わらないことが重要とお伝えしてきました。

しかし、「現実的に考えて、尊敬できない年上と付き合わないと生きていけないよ」と感じている方もいるはず。

完全に否定する形になり申し訳ないですが、間違った考え方です。

なぜなら、人は誰と付き合うかを取捨選択して生きているから。

例えば、学生時代の友達でも、クラスや部活動で関わった人全員と付き合い続けてはいないはず。

自分と気が合う人だけと友達になっていますよね。

また、学校を卒業したら、大半の先生とは関わらなくなりますよね。

このように、誰でも、どんな人と付き合っていくかを取捨選択して生きています。

「尊敬できない年上と付き合わないと生きていけない」と思うのは、自分で作った幻想です。

不満は解消できないと諦めるのではなく、尊敬できない年上と関わらない努力をしましょう。

自分で稼げるようになれば、付き合う人を選べる

とはいえ、「生活をするために我慢して、尊敬できない人とも付き合っている」という方もいますよね。

上記不満の解消方法は、1つだけで個人で稼げるようになることです。

自分で生活できる費用を稼げるようになれば、尊敬できない人が在籍しているグループ(会社など)に居る必要がなくなるからです。

仮に、個人で月30万円稼げるようになったら、仕事を部下に丸投げする上司がいる会社に勤め続けますか?

大半の人は、仕事量が増えて労働時間が長くなり損をしているため、辞めるはず。

私も上記状況なら、確実に辞めますね。

このように、個人で稼げるようになれば、付き合う人の選択肢を広げられますよ。

「我慢して、尊敬できない人とも付き合っている」という方は、まず個人で稼げるようになる事が重要です。

今から、個人で稼ぎ始めるなら、クラウドソーシングがおすすめ。

クラウドソーシングとは、仕事を受注したい個人と仕事を依頼したい企業などをマッチングしてくれるサービスです。

PCやスマホがあれば、仕事を処理できるため、めんどくさい人間関係に巻き込まれにくいですよ。

場所と時間を選ばず、実施できるのも良い点ですね。

仮に、失敗しても、大きなリスクはありません。

始めは生活できるまでの費用を稼げなくても、お小遣いにはなるため、損はしませんよ。

尊敬できない人と関わらなくなるためにも、初めてみて下さい。

クラウドワークス

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

海外に住むのもあり

個人で稼げるようになり、資金ができたなら、海外に住むのもありです。

日本に住んでいると文化的に、敬語を使わないで生きていくのは難しいです。

例えば、スーパーでも店員さんと話す時は、大体敬語ですよね。

初対面の人と会話する時も、必ず敬語です。

しかし、海外なら敬語という概念がなく、フランクに接することができます。

どうしても、敬語文化が嫌なら、海外移住も検討してみて下さい。

3:波風立てたくないなら、年上に敬語は必要!!

本記事の内容をまとめます。

年上に敬語を使わないと、自分の首を絞めてしまい、生活しづらくなります。

尊敬できないにしても、自分のために年上には敬語は使いましょう。

ただし、年齢だけで敬語を使うか判断していると、浅い人間になってしまいます。

年齢だけではなく、その人の人間性も考え、敬語を使うか判断してみて下さい。

なお、「どうしても尊敬できない人に敬語を使うのが嫌だ」という方は、尊敬できない年上の人と関わるのを辞めましょう。

人は、付き合う人を取捨選択して生きているため、十分実現可能です。

取捨選択ができる状況になるには、個人で稼げるようになることが重要。

尊敬できない年上の人と関り、イライラしないためにも、個人で稼いでみて下さい。

クラウドワークス

※無料で利用可能
※会員登録者数100万人以上
※自宅ワーク可
※246種の仕事あり

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog