LIFE

「説教がうざい」←対処方法を教えます!!【対処方法は1つだけ】

「説教がうざい」←対処方法を教えます!!【対処方法は1つだけ】

こんにちは、シゲです。

説教がうざく感じる。
うざい説教をされた時の対処方法を知りたい。

という悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:「説教がうざい」←対処方法を教えます!!
2:うざい説教をする人と関わらなくなる方法

本記事を読み実践して頂ければ、うざい説教を受けずに済み苦痛をなくすことができます

11年勤めた会社で、同僚が上司から説教され続けていたのを見ていた経験がある私が、詳しく解説しますね。

1:「説教がうざい」←対処方法を教えます!!

1:「説教がうざい」←対処方法を教えます!!

説教がうざい時の対処方法は、1つだけです。

結論から言うと、うざい説教をする人と関わることを辞めることです。

具体的な理由は、下記2つになります。

・うざい説教をする人は、エゴを押し付け続ける

・受け流すだけだと、時間が無駄になる

うざい説教をする人は、エゴを押し付け続ける

説教をする人は、自分のメリットを求め、説教をしているからです。

自分のメリットになるかもしれないことは、簡単には辞めないですよね。

例えば、上司が部下に説教するなら、下記のようなエゴを押し付けています。

・説教することで、ストレスを解消できる

・部下が成長できれば、自分の仕事が楽になる

・部下を教育してるアピールができる

このように、説教をするのは、相手のためではなく、説教している自分自身のためです。

自分のためにしている行動を、辞める方が難しいですね。

うざい説教をする人は、自分のために説教をしているため、説教を辞めさせることはほぼできません。

仮に説教を辞めたとしても、ターゲットが変わるだけです。

「お前のために言っている」は嘘なので、騙されないで下さい。

【実話】説教され続けていた同僚の話

私が11年勤めていた会社に、入社した時から5年間ほど上司に説教され続けていた同僚がいました。

1日に1回は説教されていましたね。

説教の内容も、かなり小さいミスから始まり、過去の失敗まで話が広がり、説教時間もかなり長くなっていました。

私の記憶だと、1回に1時間以上は説教していたはず。

説教は、同僚が部署異動するまで続いていましたね。

その後、上司はターゲットを変えて別の同僚に説教をし始めました。

たぶん、上司のストレス解消に利用されていたんだと思います。

このように、うざい説教をする人は、説教を辞めません。

説教を辞めさせることは、ほぼ無理なので関わらないことが一番です。

受け流すだけだと、時間が無駄になる

説教を受け流しても、説教をされていることには変わりがないため、人生の時間を無駄にしているからです。

例えば、1回の説教されて受け流すまでに、1時間かかるとします。

1日1回説教されるなら、下記時間を無駄にしていることになります。

・1週間 =7時間

・1ヵ月 =30時間

・1年 =360時間

年間で、約15日説教をされていることになります。

約15日もあったら、海外旅行に行っても、お釣りが返ってくるほどの時間です。

このように、説教を受け流すだけの対策だと、時間が無駄になります。

時間は無限ではないため、自分で使える時間を増やすためにも、説教する人と関わらない方がいいです。

うざい説教をする人とは距離を開けよう!!

ここまで解説してきた通り、うざい説教を辞めさせることがほぼ不可能です。

うざい説教をする人とは、なるべく距離を開けて関わらないことが、最善の対処方法になります。

とはいえ、「どうやったら、距離を開けられるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、うざい説教をする人と関わらなくなる方法を紹介します。

参考にしてみて下さい。

2:うざい説教をする人と関わらなくなる方法

うざい説教をする人と関わらなくなる具体的な方法は、下記3つです。

①嫌われるくらいの反論をする

②実績を作る

③環境を変える

①嫌われるくらいの反論をする

相手から嫌われれば、期待されることがなくなり、説教されなくなるからです。

例えば、下記みたいな感じですね。

説教する人「お前のことを思って言っているんだぞ」

自分「自分のことは自分で考えるのでいいです」

説教する人「なんだと!!」

自分「私のことは、気にしないで貰って大丈夫です」

説教する人「…わかった」

こんな感じで、はっきりと断れば、うざい説教する人から嫌われるため、距離を開けることができます。

うざい説教する人は、自身のためにしか行動できない人なので、仲良くする必要はありません。

嫌われても問題ないため、嫌われるくらいの反論をしてみるのもありです。

②実績を作る

圧倒的な実績を作れば、説教が必要なくなるからです。

例えば、営業職でうざい説教をする上司よりも契約数を増やすことかです。

上司 =月5件

自分 =月10件

このように、圧倒的な実績に差を作れば、説教をされることがなくなります。

誰でも、自分より実績が高い人に説教する気になれないですよね。

うざい説教が嫌なら、圧倒的な実績を作るのもありです。

③環境を変える

どうしてもうざい説教を辞めないなら、環境を変えましょう。

環境を変えれば、うざい説教をする人と会わなくて済むからです。

本記事で既に解説しましたが、説教をされている時間が無駄になります。

自分の人生は無限ではなく、有限です。

自分の人生の一部を説教で終わらせるのは勿体ないですよ。

自分の人生を楽しむためにも、うざい説教をされ続けているなら、環境を変えてみましょう。

会社にうざい説教をする人がいるなら、すぐにでも会社を変えられるように、転職準備をしておきましょう。

3:まとめ どういう生き方をするかは自分で決めよう

本記事の内容をまとめます。

うざい説教を辞めらせることは、ほぼ無理です。

なぜなら、説教する人自身のために説教をしているから。

説教通りに従っても、他人のエゴに巻き込まれ、自分が損をするだけですよ。

また、説教を受け流しても、自分で使える時間が減ってしまいます。

対処方法は、1つだけでうざい説教をする人と関わることを辞めることです。

下記方法を参考に、うざい説教をする人との関りをなくしましょう。

①嫌われるくらいの反論をする

②実績を作る

③環境を変える

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE

© 2021 shigeblog