LIFE

他人への嫉妬を減らす方法【嫉妬=現状維持です】

他人への嫉妬を減らす方法【嫉妬=現状維持です】

こんにちは、シゲです。

・他人の実績が羨ましくて嫉妬してしまう…
・どうすれば嫉妬をしなくなるのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記です。

本記事内容

1:他人への嫉妬を減らす方法
2:他人への嫉妬を辞めるとどうなるか?

本記事を読み実施すれば、他人への嫉妬を減らすことができます。

11年勤めた会社で、「仕事しないのになんで俺より評価が高いの?」と何度も同僚に嫉妬をして損をした経験がある私がノウハウ共有しますね。

1:他人への嫉妬を減らす方法

1:他人への嫉妬を減らす方法

他人への嫉妬を減らす方法は、下記3つ。

・他人への嫉妬は損をすると自覚する

・他人と比較するのを辞める

・自分が決めた目標達成のために全力を出す

では、詳しく解説していきますね。

他人への嫉妬は損をすると自覚する

他人に嫉妬しても、下記3つの状態になるからです。

・時間が無駄になる

・現状維持のまま

・気持ちに余裕ができなくなる

時間が無駄になる

他人を嫉妬しても、得られることはないからです。

嫉妬をしても、下記は手に入らないですよね。

・結果を出すためのスキル

・結果を出すための知識

・結果を出すための経験

他人を嫉妬しても、得られることはありません。

嫉妬は時間が無駄になるだけということを、忘れないで下さい。

現状維持のまま

他人に嫉妬をしても、実績は変らないからです。

例えば、会社の評価で同僚より自分の方が評価が低く、同僚に嫉妬したとします。

しかし、どれだけ嫉妬をしても、会社の評価は“同僚が上で自分が下”この事実は変わりません。

自分の望んだ結果を出すには、挑戦し続けるしかないですよ。

他人への嫉妬は、現状維持のままです。

気持ちに余裕ができなくなる

自分と他人を比べ続け、感情の波が激しくなるからです。

仮に、学校のテストで同級生A・B・Cと点数を比べてみた時の感情を書いてみます。

・自分   =60点

・同級生A =80点
(悔しい!! 同級生Aを目標にしていたのに…)

・同級生B =50点
(同級生Bには、勝った。良かった)

・同級生C =70点
(同級生Cに負けた!! あり得ない!!)

気持ちが激しく揺さぶられますよね。

他人を嫉妬をすると、気持ちの安定がなくなり、疲れやすくなりますよ。

他人への嫉妬は損!!

ここまで解説してきた通り、他人に嫉妬しても下記3つの内容で確実に損をするし、自分が望んだ結果を出すことはできません。

・時間が無駄になる

・現状維持のまま

・気持ちに余裕ができなくなる

自分が望んだ結果を叶えるためにも、“嫉妬=損“と自覚して嫉妬を辞めましょう。

他人と比較するのを辞める

他人と比較しても、終わりがなく嫉妬し続けるからです。

収入額を他人と比較しても、下記のように上には上がいるので、終わりがなくなります。

① 同僚

② 上司

③ 上層部

④ 他会社の経営者

⑤ 超大金持ち

このように終わりがないため、他人を比較しても劣等感を感じ続けるので、確実に損をします。

他人との比較は、自身で自分を傷つけているだけですよ。

自分を守るためにも、他人と比較するのは辞めましょう。

自分が決めた目標達成のために全力を出す

全力で取り組んでいれば、他人の事は気にならなくなるからです。

例えば、面白いと感じる映画を見ている時は、他人の事を忘れていますよね。

私もブログの記事を執筆している時は、他人の事は気にならなくなります。

他人への嫉妬を辞めるためにも、自分で決めた目標達成のために全力を出しましょう。

他人への嫉妬を減らそう

ここまで解説してきた通り、下記3つの方法で他人への嫉妬を減らすことができます。

・他人への嫉妬は損をすると自覚する

・他人と比較するのを辞める

・自分が決めた目標達成のために全力を出す

後はやるかやらないかの違いしかありません。

今から行動しない人は、一生他人への嫉妬を続け、現状維持のまま変われません。

自分が望んだ結果を出すためにも、早めに行動しましょう。

2:他人への嫉妬を辞めるとどうなるか?

2:他人への嫉妬を辞めるとどうなるか?

ここからは補足になりますが、他人への嫉妬を辞めるとどうなるか?という疑問にお答えしていきます。

具体的には、下記4つの状況になります。

・自分で使える時間が増える

・自分で問題解決する力が身に付く

・気持ちが安定する

・前進できる

各々、詳しく解説していきますね。

自分で使える時間が増える

下記のようなことを考える時間が減るからです。

【例】
・あいつにできて、何で自分にはできないんだ

・あいつは、何か裏技的な方法を知っているからできた

・あいつは、周囲にゴマをすっているからだ

正直、上記のようなことを考える時間は無駄ですよね。

楽しい人生にできるかは、自分のために時間と労力を使えるかで決まります。

自分で使える時間を増やすためにも、他人への嫉妬は辞めましょう。

自分で問題解決する力が身に付く

嫉妬=自分で問題解決するのを諦めている状態からです。

嫉妬をしないということは、自分で問題解決しようとしているからなんですよね。

例えば、ブログで10万円稼ぐという目標があり、ブログで10万円稼いだ人は、稼げなかった時期を我慢して努力しています。

しかし、嫉妬している人は、ブログで10万円稼ぐことを諦めて「あいつだけが知っているやり方がある」と言って、努力を辞めます。

生きる上で、自分で問題解決する力はかなり重要です。

自分で問題解決する力が身に付けるためにも、他人への嫉妬は辞め、問題解決のために全力になりましょう。

気持ちが安定する

嫉妬から生まれる感情がなくなり、気持ちの浮き沈みがなくなるからです。

・あいつが羨ましい

・あいつはズルい

・あいつは卑怯だ

嫉妬を辞めれば、上記のようなネガティブな感情がなくなります。

それに、気持ちに余裕がある人は、人としても魅力的ですよね。

気持ちを安定させるためにも、他人への嫉妬は辞めましょう。

前進できる

自分のために時間と労力を使えるようになるからです。

例えば、同僚の昇給に嫉妬しても、自分の給料は変わらないよね。

それよりも、自分の昇給のために、仕事内容を変えたりした方が、昇給の可能性が高くなります。

他人に嫉妬しても、現状維持のままで、前進できませんよ。

前進するためにも、自分のやりたい事に全力で取り組みましょう。

3:他人への嫉妬は無駄なので辞めましょう

ということで、以上になります。

他人への嫉妬を辞めた方が、楽しく生活できることがわかったはず。

下記を実施して、他人への嫉妬を減らしましょう。

・他人への嫉妬は損をすると自覚する

・他人と比較するのを辞める

・自分が決めた目標達成のために全力を出す

本気で他人に嫉妬をしても損しかしないですよ。

私も他人への嫉妬を辞めてから、ストレスが激減したし、毎日が楽しくなりました。

他人を嫉妬するのは辞めて、自分のために生きましょう。

-LIFE