LIFE

作り笑いは必要か?【結論:必要なし】

2020年12月28日

作り笑いは必要か?【結論:必要なし】

こんにちは、シゲです。

・作り笑いは本当に効果的なの?
・無理にでも作り笑いはしないといけないのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:作り笑いは必要か?【結論:必要なし】
  • 2:作り笑いより実績を作った方が良い

「作り笑いをして、周囲の空気を悪くしたくない…」「でも、自分が苦しくなるし、どうすればいいの?」と悩んでいませんか?

断言しますが、作り笑いは不要です。

正直、作り笑いをしても空気がうまくなることはなく、自他共に損するだけですよ。

作り笑いで我慢する状態を抜け出したい方は、本記事を読み自分らしく生きるきっかけにしてみませんか?

作り笑いをせずに生きてきて、特に支障が出ていない私がノウハウを共有しますね。

1:作り笑いは必要か?【結論:必要なし】

1:作り笑いは必要か?【結論:必要なし】

結論から言うと、作り笑いは必要ありません。

理由は下記4つ。

  • 作り笑いは結局バレる
  • 自分が嫌いになる
  • 自分に合わない人と関わることが増える
  • 疲れる

各々、詳しく解説していきますね。

作り笑いは結局バレる

無理に作り笑いをしても、関りが長くなれば見破られるからです。

美容室でも、何回も通っていたら、営業スマイルか判断できるようになりますよね。

また会社なら、無理やり作り笑いをしてその場は凌げても、日々の態度で自分が好きかを判断できてしまいます。

このように、作り笑いはその場かぎりでしか効果がありません。

長期的に付き合い続ける人には、全然効果がないため、作り笑いは辞めた方がいいです。

自分が嫌いになる

作り笑いは、本心とは違う感情になるため、自分に嘘をついていると感じるからです。

例えば、会社の愚痴なんて言いたくもないのに、上司の愚痴を聞き作り笑いをするのって苦痛じゃないですか?

私なら「何で上司に合わせて、本心とは違うことやっているんだろう…」と感じ、辛いです。

作り笑いをしても、自分が嫌いになってしまいますよ。

自分に合わない人と関わることが増える

気を使って、当たり障りがない対応を続けるからです。

自分が嫌いな人に、作り笑いをしていたら、“あなたを嫌っていない“と相手に伝わるため、普通に声を掛けられ続けますよ。

無理に作り笑いをしても、自分に合わらない人と関り続けるようになり、自分が損をします。

自分が素で居られる相手とだけ付き合い続けるためにも、作り笑いは不要です。

疲れる

作り笑いは、相手に合わせているからです。

相手に合わせ続けたら、誰でも疲れますよね。

  • 相手に合わせて仕事をする
  • 相手に合わせて会話を決める
  • 相手に合わせてデート場所を決める

全て相手のためにする言動になるため、疲れてしまいます。

人は誰でも自分のために生きていますよ。

他人のために生きるのは、間違っているため、作り笑いは辞めましょう。

作り笑いは辞めよう!!

ここまで解説してきた通り、下記理由から作り笑いは必要ありません。

  • 作り笑いは結局バレる
  • 自分が嫌いになる
  • 自分に合わない人と関わることが増える
  • 疲れる

正直、自分が損をするだけなので、無理に作り笑いをする必要はないですよ。

作り笑いをしている方は、今すぐに辞めましょう。

とはいえ、「笑顔で印象良くしないと、他人から信頼されないし…」と疑問に感じる方もいるはず。

しかし、作り笑いなしでも、信頼を得ることはできますよ。

その方法とは、実績を作ることです。

2:作り笑いより実績を作った方が良い

2:作り笑いより実績を作った方が良い

では、なぜ作り笑いより実績を作った方が良いのかについて解説していきます。

具体的には、下記4つです。

  • 実績があるだけで信用されやすい
  • 結果も出やすい
  • 成長できる
  • 自己肯定力が上がる

各々、詳しく解説していきますね。

実績があるだけで信用されやすい

人は、実績があるだけで人柄は関係なく信用するからです。

筋トレに挑戦するとして、下記2名どっちから教わりたいですか?

  • ジムトレーナ歴2年
  • ジムトレーナー歴10年

明らかに後者ですよね。

これは、実績が高く色んな知識やスキルを知っていそうという想像しているからです。

実績があるだけで、他人から信用されやすくなります。

他人からの信頼を得るためにも、作り笑いより実績作りを優先しましょう。

結果も出やすい

実績を作れば、自由な時間を作れるからです。

会社でも、作業者より幹部社員の方が自由な時間を作りやすいですよね。

言い方は悪いですが、最悪作業員に仕事を丸投げすることもできる立場です。

空いた時間に、新しい事業や改善に力を入れられますよ。

このように、実績を作った方が結果も出やすくなるのは事実です。

お金持ちがお金持ちのままなのも、同じことが言えます。

成長できる

実績を作ろうと努力をするからです。

例えば、仕事を楽するために、下記努力をするとかですね。

  • プログラミング習得
  • 手作業を全て自動化
  • 外注化する

上記を繰り返せば、様々な知識やスキルを覚えられますよね。

このように、実績を作ろうとするなら新しい知識とスキルを覚えられるため、成長できます。

作り笑いをしても、成長することはできません。

自分が成長するためにも、実績作りを優先しましょう。

自己肯定力が上がる

実績を作れば、自信が出てくるし、本心からの言動ができるからです。

仮に野球選手なら、打率が0.5割以下だったら、自分には才能がないのでは?と落ち込みますよね。

しかし、3割以上なら、1試合に1回は必ずヒットを打てるため、劣等感を感じないはず。

また、打ち方も自分で考えた方法なので「今までやってきたことは間違いではなかった」と感じるはず。

このように、実績を作れば、自己肯定力が上がります。

自分を否定しないためにも、作り笑いより実績作りを優先してみて下さい。

実績を作ろう!!

後は、実際に実績を作る行動を始めるだけです。

作り笑いをしても、自分が損するだけですよ。

実績を作り、日々の生活を豊かにしましょう。

なお、最もコスパが良い実績作りは、個人で稼ぐことです。

例えば、月100万円稼げるようになれば、生活に困ることはないし、無理に嫌いな上司や同僚に合わせて作り笑いをしなくてもよくなりますよ。

このように、最も効果が出やすいのは個人で稼ぐことです。

特にやりたい事もないなら、最もコスパが良い個人で稼いでみて下さい。

3:【結論】作り笑いは辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

結論から言うと、作り笑いは必要ありません。

理由は下記4つ。

  • 作り笑いは結局バレる
  • 自分が嫌いになる
  • 自分に合わない人と関わることが増える
  • 疲れる

作り笑いは、自分が損をするだけですよ。

作り笑いよりも実績作りの方が確実に得をします。

  • 実績があるだけで信用されやすい
  • 結果も出やすい
  • 成長できる
  • 自己肯定力が上がる

自分らしく生きるためにも、作り笑いは辞め、実績作りに労力を使いましょう。

なお、最もコスパが良い実績作りは、個人で稼ぐことです。

収入は増えても困る人はいないため、特に目指すことがないという方は、まず個人で稼ぐことに挑戦してみて下さい。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE