WORK

仕事とプライベートは分けるべき?【分ける必要なし】

仕事とプライベートは分けるべき?【分ける必要なし】

11年勤めた会社で、仕事とプライベートを分けていたシゲです。

仕事とプライベートを分ける人も多い…。確かに仕事の厄介事に巻き込まれたくはない。けど、仕事とプライベートを分けたら、本当に仕事とプライベート両方上手くいくのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記になります。

本記事内容

1:仕事とプライベートって分けるべき?
2:仕事とプライベートを分けても、ストレスは溜まり続ける
3:【結論】仕事とプライベート両方嫌いにならないこと
4:仕事を嫌いにならない方法

では、詳しく解説していきます。

1:仕事とプライベートって分けるべき?

仕事とプライベートって分けるべき?

結論から言うと、仕事とプライベートは分ける必要はないです。

そもそも仕事とプライベートを分けたいのは、どちらか一方が嫌いだからです。

嫌いな事と好きな事を分けたからと言って、嫌いなことがなくなることはないですよね。

たとえば、週末に嫌いな上司に飲みに誘われた時に、仕事とプライベートを分けたいと考え、飲みを拒否したとします。

しかし、週明けに会社に行けば、嫌いな上司と一緒に仕事をすることは変わらないですよね。

このように、仕事とプライベートは分けても、両方上手くいくことはありえません。

上記理由から、仕事とプライベートは分ける必要はないです。

結論は以上なのですが、簡単すぎるので詳しく解説していきますね。

2:仕事とプライベートを分けても、ストレスは溜まり続ける

仕事とプライベートを分けても、ストレスは溜まり続ける

仕事とプライベートは、交互に繰り返し起きる事だからです。

そのため、片方が嫌いでストレスに感じるなら、ストレスが無くなることはありません。

イメージは下記になります。

仕事(嫌い)→ストレスが溜まる→プライベート(好き)→ストレスが減る→仕事(嫌い)→ストレスが溜まる…

こんな感じで、嫌いな事と好きな事が繰り返されていくので、ストレスが無くなることがないです。

仕事とプライベートを分けても、ストレスが溜まり続ける事実は変わりません。

では、どうすれば、仕事とプライベート両方上手くいくのでしょうか?

答えは、シンプルに仕事とプライベート両方嫌いにならないことです。

詳しく解説していきますね。

3:【結論】仕事とプライベート両方嫌いにならないこと

【結論】仕事とプライベート両方嫌いにならないこと

仕事とプライベート両方嫌いにならなくれば、ストレスが溜まることがないからです。

また、仕事とプライベートを公私混同しても、苦痛に感じなくなります。

たとえば、自分の趣味がアニメだとして、仕事中にアニメの事を考えても苦痛に感じませんよね。

上記と同じで、仕事が嫌いじゃないなら、プライベート中に仕事のことを考えても苦痛に感じないはずです。

上記理由から、仕事とプライベート両方嫌いにならなくれば、両方共楽しむことができます。

仕事とプライベートを分けるのではなく、根本の問題を解決することが重要です。

「でも、実際にどうすれば、仕事とプライベート両方嫌いにならないで済むの?」と疑問に感じますよね。

そこで、仕事を嫌いにならない方法を紹介します。

申し訳ないですが、プライベートは個人の問題のため、本記事で解決策は説明できません。

この後は、仕事が嫌いだと感じている方のみご確認下さい。

では、詳しく解説していきますね。

4:仕事を嫌いにならない方法

仕事を嫌いにならない方法

仕事を嫌いにならない方法は、下記3つになります。

・自分のためになることをする

・自分軸で仕事をする

・自分に悪影響があるものは避ける

では、詳しく解説していきます。

自分のためになることをする

自分のためになる仕事をしないと、自分に恩恵がなく、何のために働いているか分からなくなり、苦痛に感じるからです。

たとえば、上司から依頼されたむちゃぶりを完璧にこなし続け、数年経っても昇給しないなら苦痛に感じるはずです。

逆に、自分が知りたい知識やスキルが身に付く仕事をすれば、自己成長に繋がるため、仕事自体を苦痛とは感じなくなります。

上記理由から、仕事を嫌いにならないためには、自分のためになることをすることです。

自分軸で仕事をする

自分軸で仕事をすれば、他人に振り回されることがないからです。

たぶん、大半の人は、他人に振り回されているから仕事が嫌いと感じているはずです。

たとえば、下記みたいな感じで、自分の強い意思を言うことで、他人に振り回されることがなくなります。

上司「急に〇〇の仕事が入った。今日中に処理してくれないか?」

自分「〇〇の仕事ですか、○○は最低でも3日は掛かります」

自分「また、今日は××の仕事で手一杯なので無理ですね」

上司「そこを何とか頼む」

自分「無理です。他の人に依頼して下さい」

上司「…わかった」

こんな感じですね。

自分軸の作り方を知りたい方は、下記記事も合わせて読んでみて下さい。

自分軸を作る方法【結論:理想像・目標を作ることが重要】

LIFE

自分軸を作る方法【結論:理想像・目標を作ることが重要】

2019/11/18  

約30年ほど他人軸で生きてきた経験があるシゲです。 他人に合わせたり、振り回されることが多い。ふっと考えた時に、自分が何をしたいのかわからなくなる…そんな自分を変えたいから、自分軸を作りたい。 という ...

上記理由から、仕事を嫌いにならないためには、自分軸で仕事をすることです。

自分に悪影響があるものは避ける

自分に悪影響があるものは避けることで、気持ちに余裕が生まれるからです。

たとえば、下記みたいな感じです。

・昇給しない =本業で収入アップを諦め、副業を始める

・強制残業 =上司の指示を聞くのを辞め、自分の采配で仕事が回るようにする

・チームワークがない職場 =チーム実績を諦め、自分の実績だけを求める

自分に悪影響があることを続けても、嫌な気持ちになるだけです。

自分に悪影響があることを避けて、気持ちに余裕を作りましょう。

上記理由から、仕事を嫌いにならないためには、自分に悪影響があるものは避けることです。

5:まとめ

本記事の内容をまとめます。

1.仕事とプライベートは分ける必要はないです

2.仕事とプライベートを分けても、片方が嫌な事ならストレスは溜まり続ける

3.解決するには、仕事とプライベート両方嫌いにならないことしかない

4.仕事を嫌いにならない方法は、下記3つです
・自分のためになることをする
・自分軸で仕事をする
・自分に悪影響があるものは避ける

仕事とプライベートを分けても、どちらかが嫌な事なら、ストレスが溜まり続けるため、人生を豊かにすることはできません。

仕事とプライベート両方嫌いにならないことが重要です。

また、最低でも生涯の10年近い時間を仕事に使うのに、仕事が嫌いなままは勿体ないですよ。

仕事を好きになれとは言いませんが、嫌いなまま続けても、人生にとって確実に良いことではないはずです。

今から行動をして、仕事とプライベート両方とも、楽しむ環境を手に入れましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog