WORK

苦手な仕事の対処方法【苦手なら避けてOKです】

苦手な仕事の対処方法【苦手なら避けてOKです】

11年勤めた会社で、苦手な仕事でも全て処理しようとしていた経験があるシゲです。

苦手な仕事がどうしても上手く処理できない。
苦手な仕事を克服したいけど、気持ちも入らないし、どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は、下記になります。

本記事内容

1:苦手な仕事の対処方法【苦手な仕事を避けてもいい理由】
2:苦手な仕事を避けても、デメリットにならない
3:苦手な仕事を避ける前にやるべきこと
4:苦手な仕事を避ける方法

結論からいうと、苦手な仕事は避けて問題ありません。

苦手な仕事を続けても、自分にとって得にならないからです。

上記を詳しく解説していきます。

1:苦手な仕事の対処方法【苦手な仕事を避けてもいい理由】

苦手な仕事の対処方法【苦手な仕事を避けてもいい理由】

苦手な仕事を避けてもいい理由は、下記3つになります。

・成果を出せない

・ストレスが溜まるだけ

・自己成長できない

成果を出せない

苦手な仕事を続けても、やる気が出ないし作業効率も良くならないからです。

例えば、話すことが苦手な人が営業を続けても、多くの契約を取れず少ない実績になってしまうはずです。

また、本人は劣等感から気持ちも萎えてより仕事のやる気がなくなり、悪循環に入ってしまいます。

このように、苦手な仕事を続けても成果を出せないため、苦手な仕事は避けたほうがいいです。

ストレスが溜まるだけ

苦手な仕事をしている時は、常に「嫌だな~。やりたくないな」と感じているからです。

私も過去に、毎週の会議でプレゼンする機会があり、プレゼンが始まる前は、毎回下記のようなプレッシャーを感じていました。

・嫌だな~。やりたくないな~

・参加者に上手く伝わるかな?

・資料に不備があったらどうしよう

・上司に説教されたら嫌だな~

上記プレッシャーがストレスになり、毎回プレゼン前は、体調が優れなかったことを覚えています。

上記理由から、苦手な仕事を続けてもストレスが溜まるだけなので、苦手な仕事は避けましょう。

自己成長できない

苦手な仕事は、克服できないからです。

克服できないことを続けても、成長できませんよね。

私が社会人2年目の時の上司は、PCに苦手意識をもっていました。

上司も初めは、自身でキーボードを打って資料を作っていましたが、毎回途中で断念していましたね。

その後、上司から「ごめん。この資料作ってくれないか?」と言われ、私が毎回資料を作っていた事を覚えています。

結局上司は、定年までPCの苦手意識をなくすことができず、最後まで一人で資料を作ることができませんでした。

このように、苦手な仕事は克服できないため、自己成長できません。

もし、苦手な仕事を続けて克服できるなら、その仕事は苦手ではなくなり、すでに悩む必要がなくなっています。

何回挑戦しても、苦手意識がなくならないから、悩んでいるんですよね。

上記理由から、苦手な仕事を続けても自己成長できないため、苦手な仕事は避けましょう。

2:苦手な仕事を避けても、デメリットにならない

苦手な仕事を避けても、デメリットにならない

「でも、苦手な仕事を避けてしまうと、職場の評価が下がるなどのデメリットがあるのでは?」と疑問に感じる方もいますよね。

しかし、実際はデメリットになりません。

デメリットにならない理由を、下記3つで解説していきますね。

・キャリアアップ

・職場の評価

・逃げ癖がつく

キャリアアップ

苦手な仕事を続けていても、キャリアアップをできないからです。

苦手なことは、いつまでも苦手のままなので克服できず、新たな知識やスキルが身に付くことがありません。

たとえば、人との調整が苦手なのに、仕事で調整役を続けても上手く調整できるよにはならず、周囲も下記のような対処をします。

自分「え~と、同僚Aさんは…××の仕事を…でも、△△もお願いしたい」

自分「同僚Bさんは、○○の書類作成を…、もし早めに終わったら、□□できれば…」

同僚A・B「わかった」

同僚A・B(本音)「はっきり言えよ」

同僚A「とりあえず、俺らで調整し合って仕事を回そうぜ」

同僚B「そうするしかないね」

こんな感じで、苦手なことと続けても克服できないし、成長できないため、いつまでもキャリアアップはできません。

苦手な仕事を避けて、得意な仕事でキャリアアップを狙った方が確実に得ですよ。

ちなみに、「苦手なことは、克服できる」と言っている方は嘘なので、信用するのは辞めましょう。

上記理由から、苦手な仕事を続けていても、キャリアアップできないため、苦手な仕事を避けても、デメリットになりません。

職場の評価

苦手な仕事を続けることは、職場の評価とは関係ないからです。

職場の評価は、下記2つのいずれかで決まってきます。

・年功序列
・成果(実績)

そのため、苦手な仕事を続けている姿を上司にアピールしても、評価されません。

また、苦手な仕事を続けても、成果が上がるわけではないため、評価されることはないです。

自分が部下を評価する立場だとしたら、下記どちらを評価したいですか?

① 会社の利益の10%を作った部下
② 苦手な仕事を頑張ったが、成果を出していない部下

大半の人は①のはずです。

このように、苦手な仕事を続けても、職場で良い評価を貰うことはできないはずです。

それなら、自分の得意な仕事で大きな成果を出した方が、良い評価に繋がるはずですよ。

上記理由から、苦手な仕事を続けていても、職場の評価とは関係ないため、苦手な仕事を避けても、デメリットになりません。

逃げ癖がつく

苦手・嫌なことから逃げ続けるのは問題ないからです。

そもそも、逃げ=ダメな人という印象が強いかもですが、実際はそうでもないですよ。

たとえば、1つの事を探求することが好きな性格の人が、チームワークが必要な工場仕事を続けても、苦手意識が消えることがないし、大きな成果を出せません。

そこで、実際の開発・研究の部署に移ったら、性格と仕事内容が合っているため、大きな成果を出しやすくなるし、苦手意識も消えるはずです。

上記から、逃げ=ダメな人というイメージは間違いです。

もちろん、何もせずに初めから逃げ出すのは論外なので、10回以上やってみてから逃げ出すかを判断しましょう。

上記理由から、逃げ癖がついても、苦手・嫌なことから逃げるなら問題ないため、苦手な仕事を避けても、デメリットになりません。

3:苦手な仕事を避ける前にやるべきこと

苦手な仕事を避ける前にやるべきこと

とりあえず、苦手だと思っている仕事をやってみることが重要です。

自分の苦手意識が強すぎるだけで、実際にやってみたら出来てしまうことがあるからです。

私も過去に、文章を書くのが苦手で「絶対に資料作成は向いてないな~」と感じていました。

しかし、実際に資料を作ってみると「意外とできるかも」と思うようになり、資料作成自体に苦手意識がなくなりました。

このように、とりあえず苦手だと思っている仕事をやってみて、本当に自分自身が苦手なのかを判断しましょう。

もし、10回以上実施しても、苦手意識が無くならないなら、苦手な仕事を避ければOKです。

4:苦手な仕事を避ける方法

苦手な仕事を避ける方法

苦手な仕事を避ける方法は、下記2つになります。

・同僚上司にお願いする

・転職する

同僚上司にお願いする

同僚や上司に苦手な仕事をお願いすれば、自分で処理しないで済むからです。

ただし、一方的に押し付けてしまうと嫌われるし、責任感がない人だと思われてしまいます。

そこで、他の仕事で、同僚や上司の分まで自分が処理する条件をつけて、苦手な仕事をお願いしましょう。

たとえば、下記みたいな感じです。

自分(本音)「人前で発言するのが苦手だから、○○会議のプレゼンは、同僚Aにお願いしよう」

自分「同僚A悪いんだけど、○○会議のプレゼン変わってくれない?」

自分「〇〇会議の資料は作るし、代わりに××の資料も俺が作るからさ」

同僚A(本音)「××の資料作成が無くなるならいいや」

同僚A「OK~」

こんな感じで、お願いする相手にもメリットを作ってあげることで、断りにくくさせることができます。

また、断られたとしても、相手は「責任感は持っているんだな」と感じるため、嫌われる心配はなくなります。

上記理由から、苦手な仕事を避けるには、同僚上司にお願いしましょう。

転職する

転職をすることで、苦手な仕事をしなくてよくなるからです。

例えば、口下手な人が苦手な営業職から、IT業界に転職して一気に成果が出て苦痛に感じなくなるケースですね。

上記のように、今の仕事に苦手意識があり、どうしてもストレスを抱え込んでしまうなら、転職して自分に合う仕事を見つけるのもありですよ。

自分に合う仕事を見つけるなら、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントを使えば、希望した条件に合った求人を紹介してくれたりもするため、自分で求人を探す手間が省けます。

仕事で疲れ切った後に、求人探しでさらに疲れることを避けることができ、家でのんびりYouTubeを見ることもできますよ。

また、内定後は給料の交渉も、あなたの代わりに企業としてくれるため、やる価値は十分にあります。

無料で利用できるので、損はしません。

まずは、条件を決めて、自分に合う求人を探してもらいましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-WORK

© 2021 shigeblog