LIFE

「自分がいないとダメ」という思考は損【他人を受け入れよう】

「自分がいないとダメ」という思考は損【他人を受け入れよう】

こんにちは、シゲです。

・自分がいないとダメと思う状況が多い…

・でも、みんなは素っ気ないし辛い…

・どうすればいいの?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:「自分がいないとダメ」という思考は損
  • 2:他人を認めて自分の好きなことをするのが一番

自分がいないとダメな状況なのに、頼られなくてイライラしていませんか?

正直、自分がいないとダメという思考は、自分をダメにします。

今度こそ、自分がいないとダメという思考でイライラしたくないなら、最後まで読み進めてみて下さい。

3分で読めます。

1:「自分がいないとダメ」という思考は損

1:「自分がいないとダメ」という思考は損

自分がいないとダメという思考は損する理由は下記。

  • 【現実】自分がいなくても何とかなる
  • 周囲は自分が思うより期待していない
  • 自分がいないとダメはエゴ
  • 自分が他人に依存している

各々、詳しく解説していきますね。

【現実】自分がいなくても何とかなる

「自分がいないとダメ」と感じるかもですが、実際はいなくても成り立ちますよ。

例えば、会社でもあんたが入社前までは、あなたがいなくても成り立っていました。

誰でも一個人でしかないので、自分がいなくても何とかなります。

私も11年勤め会社を退職して気づいた

ちなみに、私も11年勤めた会社を退職しましたが、会社は潰れていなくて今でも運営しています。

それに、自分が担当していた事業も別の担当者が変わりに実施していますね。

自分がいなくても誰かがやってくれるか、終わるかの2択だけです。

周囲は自分が思うより期待していない

それに、周囲は自分が思うよりも期待していません。

あなたも、「この人がいないと…」と感じる人はほぼいないはず。

他人もあなたにそこまで期待していませんよ。

「自分がいないとダメ」というのは自分の思い込みです。

自分が都合のいいように自分を持ち上げているだけで、嫌われますよ。

自分がいないとダメはエゴ

結局、自分がいなくても何とかなるので、「自分がいないとダメ」はエゴですよ。

エゴを押し付けている人はどんな人でも嫌われますよね。

何度もエゴを押し付けるだけで、嫌われるし損をします。

自分が他人に依存している

自分がいないとダメという考えは、自分の居場所を作りたいからなんですよね。

つまり、皆が共通の場所で自分の場所を無理やり作る言動です。

結果的に、他人に依存しているんですよね。

しかし、他人に依存し続けても、自分のために時間と労力を使っていないので、自分のためになっていません。

「自分がいないとダメ」は自分で自分を追い込んでいる状況です。

「自分がいないとダメ」という思考は損

ここまで解説してきた通り、自分がいないとダメという思考は損ですよ。

  • 【現実】自分がいなくても何とかなる
  • 周囲は自分が思うより期待していない
  • 自分がいないとダメはエゴ
  • 自分が他人に依存している

「自分がいないとダメ」という思考は損です。

自分がいないとダメという思考は、他人に依存をしている状況で、自他共にデメリットが多いです。

損をし続けないためにも「自分がいないとダメ」という思考をすぐにでも辞めましょう。

2:他人を認めて自分の好きなことをするのが一番

2:他人を認めて自分の好きなことをするのが一番

他人を認めて自分の好きなことをするのが一番な理由は下記。

  • 他人に依存しなくなる
  • めんどくさいことを避けられる
  • 大半の人は将来関わらなくなる

各々、詳しく解説していきますね。

他人に依存しなくなる

自分の好きなことに注力すれば、他人には無関心になるからです。

イチローさんも、自分の野球のために生きてきたから、他人に依存しなくて、自分の野球に時間と労力を使えています。

このまま「自分がいないとダメ」と考えて、10年後もずっと他人に依存し続けますか?

私は、嫌なので自分の好きなことに注力します。

めんどくさいことを避けられる

それに、自分の好きなことに注力すれば、他人から余計なことを依頼されたりすることも減ります。

つまり、他人から無理に絡まれることがなくなるので、めんどくさいことを避けられますよ。

自分のことに注力して、めんどくさいことを避けて生きましょう。

大半の人は将来関わらなくなる

また、大半の人は将来関わらなくなります。

例えば、学校の同級生でも、卒業後は9割以上関わらなくなります。

生涯関わり続ける人は、本当に一握りですよ。

全員が生涯関わり続ける画期的な方法はないので、自分を優先しましょう。

自分のために生きよう

ここまで解説してきた通り、他人を認めて自分の好きなことをするのが一番です。

  • 他人に依存しなくなる
  • めんどくさいことを避けられる
  • 大半の人は将来関わらなくなる

「自分がいないとダメ」と考えるのではなく、他人を認めて自分の好きなことに優先して実施しましょう。

3:「自分がいないとダメ」という思考は辞めよう

本記事の内容をまとめます。

自分がいないとダメという思考は損する理由は下記。

  • 【現実】自分がいなくても何とかなる
  • 周囲は自分が思うより期待していない
  • 自分がいないとダメはエゴ
  • 自分が他人に依存している

他人を認めて自分の好きなことをするのが一番な理由は下記。

  • 他人に依存しなくなる
  • めんどくさいことを避けられる
  • 大半の人は将来関わらなくなる

「自分がいないとダメ」という思考は損をするので、辞めましょう。

「自分がいないとダメ」という思考を辞めることで、初めてゆとりある理想の生活を送れますよ。

「自分がいないとダメ」という思考を辞め、相手を認めて自分を優先に生きていきましょう。

-LIFE