LIFE

視野を広げる意味とは何か?【結論:俯瞰から自分を見る】

視野を広げる意味とは何か?【結論;俯瞰から自分を見る】

こんにちは、シゲです。

・視野を広げろとよく言われているけど、本当に良い事なのかな?

・視野を広げる意味を知りたい。

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記。

  • 1:視野を広げる意味とは何か?【俯瞰から自分を見る理由】
  • 2:視野を広げる方法

視野を広げる意味が理解できず、苦労していませんか?

正直、視野を広げる意味は、“俯瞰から自分を見る“これだけです。

視野を広げる意味を理解できれば、自分を変えるチャンスを掴みやすくなります。

3分で最後まで読めるので、気楽に最後まで読んでみて下さい。

1:視野を広げる意味とは何か?【俯瞰から自分を見る理由】

1:視野を広げる意味とは何か?【俯瞰から自分を見る理由】

視野を広げる意味は、俯瞰から自分をみるためです。

理由は下記。

  • 人は間違えやすい
  • 自分を分析して方向性を変えられる
  • 自分の好きなことを見つける

各々、詳しく解説していきますね。

人は間違えやすい

視野が狭い状況だと、人は間違えやすいからです。

例えば、学校で同級生と価値観が合わず孤独になっていたら、「自分は人付き合いが苦手なんだ」と感じて自分を責めるはず。

しかし、学校を出て趣味が合う集まりに行けば、気軽に話せる人達が大勢いる可能性もあります。

現状だけで自分を決めつけてしまうことも多いです。

上記は誰でも起こる事なので、止めようがありません。

間違った時に俯瞰からみると自分の過ちに気づけます。

視野を広げないとずっと間違い続けますよ。

自分を分析して方向性を変えられる

自分の言動を俯瞰から見ると、今までやっていたことが自分のためになっているか明確になるからです。

私の場合だと、11年勤めた会社で働いていた時は、「この仕事が自分には合っている」と考えてしまい、辛いまま仕事を続けていました。

しかし、耐えられなくなり辞めた後、すぐに「自分のためになるスキルや知識を覚えられていない」ということに気づき、ショックでしたね。

このように、人は間違えた行動を必ずします。

私が11年勤めた会社を働いている時に“個人で稼ぐ”経験などをしていたら、もっと速く退職していたでしょう。

正直、間違えない画期的な方法はないので、ちょくちょく自分を分析する必要があります。間違った方向性に進み過ぎないためにも、俯瞰から自分をみるために視野を広げましょう。

自分の好きなことを見つける

また、俯瞰から見ることで自分に合っているか確かめることができます。

  • 挑戦→俯瞰から見る→自分に合わない→新しい挑戦→俯瞰から見る→自分に合う

上記のようにループを繰り返せば、自分の好きなことを見つけられますよ。

俯瞰から自分を見ることは、自分の好きなことを見つけるのにも使えるので、視野を広げることは必要になります。

常にアンテナを張る必要はない

とはいえ、常に視野を広げる言動を続ける必要はありません。

無理に視野を広げ続けても、疲れるし最終的には「何からすればいいの?」という状況になるだけです。

常にアンテナを張って、視野を広げようとしなくて大丈夫です。

視野が狭い時も必要

それに、視野が狭い状況を作ることも、ゆとりある理想の人生を送るには必要不可欠です。

ダイエットで例えるなら、視野を広げるために、色んなダイエット方法を調べていても痩せられないですよね。

それなら、視野を狭くして、ヨガなどに挑戦した方が痩せられる可能性が高いです。

ずっと視野を広げ続けるだけでは、何もできない人になってしまいますよ。

  • 視野が狭くして行動→視野を広げて自分を分析

上記繰り返しが重要になります。

視野を広げるのは自分を見つめ直すため

ここまで解説してきた通り、視野を広げる意味は、俯瞰から自分みることです。

  • 人は間違えやすい
  • 自分を分析して方向性を変えられる
  • 自分の好きなことを見つける

正直、ずっと視野を広げ続けても上手くいかないので、無理する必要はないですよ。

ただし、ずっと同じことの繰り返しだと、現状が常識になってしまい、間違った言動を続けることに繋がるのも事実です。

最低でも、1ヵ月に1回は視野を広げた行動をするべきでしょう。

とはいえ、「具体的にどうすれば、視野が広げられるの?」と疑問に感じる方もいるはず。

そこで、視野を広げる方法を紹介しますね。

2:視野を広げる方法

2:視野を広げる方法

視野を広げる方法は下記。

  • 読書
  • 新しいことに挑戦する
  • 他人の考えを想像する

各々、詳しく解説していきますね。

読書

本は、下記情報を網羅しているからです。

  • 一般的な知識とスキル
  • 専門的な知識とスキル
  • 他人の思考
  • 他人の経験談

正直、手軽に視野を広げられるので、読書はコスパが高いです。

それに、1日10分でも全然視野の広さが変わるので、通勤とかのスキマ時間とかにも使えます。

色んな種類の本を読んで、知らない知識や考え方を学び視野を広げてみましょう。

新しいことに挑戦する

新しいことに挑戦すれば、知らなかったことを肌で実感でき、自分なりに感じることができるからです。

例えば、YouTuberとかも見ている分には、「楽して稼げていいな」と感じるかもです。

しかし、やってみると誹謗中傷などで辛いこともあるし、すぐに稼げなくて辛い状況になるなどを実施できます。

視野を広げるのに、あえて新しい挑戦をするのもありですよ。

他人の考えを想像する

他人の考えを想像することで、主観以外のことに気が付けるからです。

例えば、サラリーマンの働き方にしても、従業員として働いているなら「任される仕事を減らして楽したい」と考えているはず。

じゃあ、経営者の場合だとどうでしょうか?

「部下に任せて実作業は楽をする」「どう次の事業に投資して売上を上げる?」

上記みたいなことを考えているはず。

こう考えると、任される仕事を減らすのは難しそうと分かるはず。

ゴールがないので、気合を入れてすぐは自分をダメにすると気が付きます。

他人の考えを想像して視野を広げましょう。

後はやるかやらないかの違いだけ

後はやるかやらないかの違いでしかありません。

このまま視野を広げず損し続けるか、今から行動して視野を広げて人生の方向性を良い方向に変えるかはあなた次第です。

やってみて合わなそうなら辞めればいいだけなので、思い切ってやってみましょう。

視野を広げてみよう

ここまで解説してきた通り、下記方法で視野を広げられます。

  • 読書
  • 新しいことに挑戦する
  • 他人から見た自分を想像する

正直、視野を広げやすいのは読書ですね。

1日10分の読書でも、全然見える世界が変わると言っても過言ではないです。

是非、読書を習慣化して視野を広げてみて下さい。

もちろん、読書以外の2つでもOKです。

3:視野を広げる=俯瞰から自分を見る

本記事の内容をまとめます。

視野を広げる意味は、俯瞰から自分をみるためです。

理由は下記。

  • 人は間違えやすい
  • 自分を分析して方向性を変えられる
  • 自分の好きなことを見つける

視野を広げる方法は下記。

  • 読書
  • 新しいことに挑戦する
  • 他人の考えを想像する

視野を広げる意味は、俯瞰から自分をみるたったこれだけです。

人生の方向性とかを修正する時に、役に立ちます。

つまり、自分が楽しく生きるためのツールみたいなものです。

頻繁に視野を広げる必要はないですが、視野を広げているとゆとりある理想の生活に近づけますよ。

いつでも視野が広げられるように、今回紹介した方法を試してみて下さい。

-LIFE