LIFE

足を引っ張る人との付き合い方【結論:関わらず実績を作る】

足を引っ張る人との付き合い方【結論:関わらず実績を作る】

こんにちは、シゲです。

・足を引っ張る人と関わりたくない
・足を引っ張る人とどう接するのが正解なのかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

本記事内容

1:足を引っ張る人との付き合い方【関わらない方がいい理由】
2:足を引っ張る人を気にするより、実績を作ろう

本記事を読み実施すれば、足を引っ張る人との付き合い方がわかります。

11年勤めた会社で足を引っ張る人と関り、損をしていた私がノウハウを共有しますね。

1:足を引っ張る人との付き合い方【関わらない方がいい理由】

1:足を引っ張る人との付き合い方【関わらない方がいい理由】

結論から言うと、足を引っ張る人との付き合い方は、関わないで実績を作り続けることです。

まずは、関わらない方がいい理由から解説してきます。

具体的な理由は、下記4つ。

・足を引っ張る人は嫉妬と嫉みが強い

・足を引っ張る人は自分が楽をしたい

・足を引っ張る人は必ず存在する

・足を引っ張る人を変えることは不可能

各々、詳しく解説していきますね。

足を引っ張る人は嫉妬と嫉みが強い

足を引っ張る人は、自分には出せない実績を持っている人を羨ましく感じ、相手を陥れようとするからです。

例えば、会社で昇給した時に下記のような噂話をされるとかですね。

・あいつは上司にゴマをすりしている

・あの人、年齢で昇給しただけでしょ?

・俺はあいつには絶対に従わない

自分を陥れようとする人と関わっても損しかしないですよね。

足を引っ張る人とは、関わらない方が一番です。

足を引っ張る人は自分が楽をしたい

足を引っ張る人は、自分が楽をするために相手をコントロールしようとするからです。

仕事で例えるなら、自分の仕事をサボって同僚や上司に仕事をさせる人とかですね。

上司や同僚に「申し訳ない」という思いはなく、「楽できてラッキー」としか感じていないはず。

足を引っ張る人と関わっても、利用されてしまいますよ。

自分ためにも足を引っ張る人と関わるのは辞めましょう。

足を引っ張る人は必ず存在する

相手を陥れたいと考える人はなくならないからです。

【例】
・総理大臣

・有名人

・社長

上記の人達には、マスコミやSNSなどが、批判して相手を陥れようとしますよね。

このように、足を引っ張る人は必ず存在します。

足を引っ張る人とは関わらないことが一番ですよ。

足を引っ張る人を変えることは不可能

人は自分が一番大切だからです。

あなたも嫌いな人を好きになれと言われても無理ですよね。

足を引っ張る人のことを変えることはできません。

変えようとする時間と労力が無駄になるだけです。

足を引っ張る人を変えることは不可能と割り切って関わるのを辞めましょう。

足を引っ張る人は関わらないことが最適

ここまで解説してきた通り、下記4つの理由から、足を引っ張る人とは関わらないことが最適です。

・足を引っ張る人は嫉妬と嫉みが強い

・足を引っ張る人は自分が楽をしたい

・足を引っ張る人は必ず存在する

・足を引っ張る人を変えることは不可能

また、足を引っ張る人を気にするより、実績を作り続ける方が自分のためになりますよ。

上記を詳しく解説していきますね。

2:足を引っ張る人を気にするより、実績を作ろう

2:足を引っ張る人を気にするより、実績を作ろう

足を引っ張る人を気にするより、実績を作り続けた方がいい理由は、下記3つです。

・大きな実績を出せれば、信用してくれる人も増える

・足を引っ張る人を減らせる

・自分のために使える時間と労力が増える

では、詳しく解説していきますね。

大きな実績を出せれば、信用してくれる人も増える

恩恵にあずかりたいと思う人が増えるからです。

例えば、知り合いでレストラン経営をしていてかなり有名になり、儲かっているとしたら、下記のように考えるはず。

・優先して予約をできるようにしてほしい

・格安で食べられるようにしてほしい

仮に、知り合いのレストランが、有名で儲かっていなかったら、上記考えはしないはず。

大きな実績を出せば、他人からの信用されやすくなりますよ。

自分のためにも、足を引っ張る人を気にするより実績を作るための努力を優先しましょう。

足を引っ張る人を減らせる

圧倒的な差ができれば、足を引っ張る人も劣等感を感じなくなるからです。

例えば、野球をやっているとして、同級生にレギュラーを取られたら、悔しく感じるはず。

しかし、イチローさんにレギュラーを取られても当然だよな~と感じて劣等感を感じませせんよね。

足を引っ張る人を減らすためにも、実績を上げることに全力になりましょう。

自分のために使える時間と労力が増える

実績が上がれば、それ相当の恩恵が自分に返ってくれるからです。

例えば、副業で納品数を増やせば、収入が増えますよね。

しかし、足を引っ張る人と関われても無益のため、時間と労力が無駄になります。

自分のために使える時間と労力が増やすためにも、実績を作り続けましょう。

足を引っ張られ続けるなら、環境を変えるのもあり

足を引っ張る人とどうしても関わらないといけない状況なら、環境を変えるのもあり。

足を引っ張る人と関わっても、自分が損をするだけですよ。

自分の人生を豊かなものにするためにも、どうしても足を引っ張る人と関わらないといけない状況なら、環境を変えましょう。

なお、会社に足を引っ張る人がいるなら、転職もありですね。

自分のために使える時間と労力が増やすためにも、給料がもらえて生活が安定している今の内から、転職活動を初めてみて下さい。

3:足を引っ張る人とは、関わるのを辞めよう!!

本記事の内容をまとめます。

足を引っ張る人と関わらない方がいい理由は、下記4つ。

・足を引っ張る人は嫉妬と嫉みが強い

・足を引っ張る人は自分が楽をしたい

・足を引っ張る人は必ず存在する

・足を引っ張る人を変えることは不可能

足を引っ張る人と関わっても、損するだけです。

足を引っ張る人は気にせず、実績作りを優先しましょう。

実績作りを続ければ、下記状況になれるため、豊かな生活ができるようになりますよ。

・大きな実績を出せれば、信用してくれる人も増える

・足を引っ張る人を減らせる

・自分のために使える時間と労力が増える

自分のためにも、足を引っ張る人と関わないで実績を作り続けましょう。

なお、会社に足を引っ張る人がいるなら、転職するのもありです。

給料が安定している在籍中に、すぐに転職できる状態にしておきましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-LIFE