WORK

職場にいる性格が悪い人の対処方法

2021年4月21日

職場にいる性格が悪い人の対処方法

こんにちは、シゲです。

・職場にいる性格が悪い人と一緒にいるとストレスが溜まる。
・どうすれば、性格が悪い人にイライラしないで済むかな?

というお悩みにお答えしていきます。

本記事の内容は下記です。

  • 1:職場にいる性格が悪い人の対処方法
  • 2:仕事に性格の良し悪しは関係ない話

本記事を読み実施すれば、職場にいる性格が悪い人にイライラしないで済むます。

11年勤めた会社で、性格が悪い人と一緒に働いていた経験がある私がノウハウを共有しますね。

1:職場にいる性格が悪い人の対処方法

1:職場にいる性格が悪い人の対処方法

職場にいる性格が悪い人の対処方法は、下記2つです。

  • 上手く付き合おうとしない
  • 仕事で実績を出す

各々、詳しく解説していきますね。

上手く付き合おうとしない

性格が悪い人と関わるだけで損をするからです。

極端なことを言うと、学校のいじめっ子と関わっても、得は絶対にしないですよね。

また、陰で悪口を言っている人も、文句を聞かされ続けるため、精神的にきつくなるだけです。

上手く付き合おうとしても、確実に損をするので、上手く使おうとするのは辞めましょう。

無理に付き合っても自分が辛くなるだけ

仮に、無理に付き合ったとしたら、下記のような状況になります。

  • 毎日、愚痴を聞かされ続ける
  • 当たり障りがない対応を続ける
  • 理不尽な仕事が増える

起きている時間の半分以上の時間を上記のよう状況で過ごすことになりますよ。

職場で、性格が悪い人と無理に付き合い続けても、確実に損をします。

無理に付き合おうとするのは、辞めましょう。

どう頑張っても相手を変えるのは不可能

また、相手の性格を変えようとしても、変えることはできません。

理由は、本人が変わる気がなくれば、変わらないから。

例えば、仕事をサボっている人に上司がいくら注意をしても、サボり続けますよね。

私が11年勤めた会社でも、毎日のように説教をされていたのは、全く仕事のミスが直らなかった人ですね。

このように、いくら相手を変えようとしても、本人が直す気がなかったら変わりません。

相手を変えようとした時間と労力が無駄になるし、ストレスも溜めり続けるため、損しかしませんよ。

損をしないためにも、関わらないのが一番です。

仕事で実績を出す

仕事で実績を出せば、性格が悪い人でも認めざるえないからです。

会社に従業員として雇われているのは、会社が売上を上げるためです。

つまり、実績を出せる人こそ会社からしたら正義になります。

仕事で実績を出せる人こそ、周囲から認められますよ。

性格が悪い人との付き合い方で悩んでいる暇があるなら、少しでも実績を出せるようになった方が確実に問題解決に近づけます。

なお、早く仕事で実績を出せるようになるには、スキルと知識を身に付けるのが大切ですよ。

正直、本業を続けても同じような仕事の繰り返しになるため、新しい知識とスキルを覚えらず、実績は出せません。

実績が出せないと性格が悪い人にイライラし続けてしまいますよ。

それなら、副業で新しいことに挑戦した方が、新しい知識とスキルを身に付けられるため、本業でも実績をあげらますよ。

例えば、副業でプログラミングを使えば、本業の書類作成を1クリックで作成できるようになるとかですね。

それに、収入も増えるので、損しません。

性格が悪い人から認められるためにも、副業で知識とスキルを身に付けるのもあり。

どうしても辛いなら転職をしよう

なお、一緒に仕事をする人達が性格が悪い人ばかりで、一緒にいるのが辛いなら、転職もありです。

週5日で8時間以上の時間を、苦痛な状況で過ごすのはマジでもったいないですよ。

人生の時間は無限ではないので、辛いまま働き続けても後で絶対に後悔します。

私も、性格が悪い人が多い職場で我慢して11年勤め続けましたが、退職直後「今まで何でこんなに我慢していたんだ」と感じたほどです。

今でも、勤めていた11年の時間を返して欲しいですが、実際は無理なので、諦めるしかありません。

自分の人生を後悔しないために、転職の選択は全然ありです。

すぐに転職しないにしても、すぐに抜け出せる状況にはしておくべきです。

今すぐにでも、転職準備を始めましょう。

2:仕事に性格の良し悪しは関係ない話

2:仕事に性格の良し悪しは関係ない話

なお、仕事に性格の良し悪しはほぼ関係ないです。

会社が従業員を雇っているのは売上を上げるため

会社が、従業員を雇っているのは、売上を上げるのが目的だからです。

正直、性格が悪い人でも、売上を上げられる人なら評価されます。

性格が良い人でも、仕事ができなくれば、周囲も毛嫌いしますよね。

残念ですが、職場では売上を上げられる人が正義です。

職場に人間関係は重要ではない

職場で一緒に働く人は、味方ではなくビジネスパートナーです。

例えば、職場で病気になった時に、職場の関係者は助けてくれないですよね。

ほぼほぼ「本人の自己管理能力がないから」を理由にされて終わりのはず。

職場の人間関係はそこまで重要ではないです。

そもそも価値観が合う人の方が少ない

また、無理に付き合おうとしても、自分と価値観が合わずイライラするだけですよ。

学校でも、本当に自分と価値観が合うのは2~3名程度しかいないですよね。

無理に付き合おうとしても、自分と価値観が違う人ばかりなので、損をしますよ。

味方ではなくビジネスパートナー

ここまで解説してきた通り、仕事に性格の良し悪しは関係ありません。

残念ながら、職場の場合、性格よりも売上(実績)の方が重視されます。

つまり、性格が悪くても仕事ができれば評価される環境ですね。

仕事の関係者は、味方ではなくあくまでもビジネスパートナーということを忘れないで下さい。

3:職場にいる性格が悪い人とは、関わらないのが一番

本記事の内容をまとめます。

職場にいる性格が悪い人の対処方法は、下記2つです。

  • 上手く付き合おうとしない
  • 仕事で実績を出す

正直、職場の正義は売り上げを上げられる人で、性格の良し悪しは関係ありません。

性格が悪い人とは関りを辞めて、実績を出せば問題なく生活が可能です。

副業でスキルと知識を覚えて、本業に反映させましょう。

なお、性格が悪い人ばかりで、会社生活が辛いなら転職もありです。

すぐに転職しないにしても、すぐに環境を変えられる準備はしておいた方が良いです。

少しでも損をしないためにも、今すぐ転職の準備をしておきましょう。

ということで、以上になります。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-WORK